麻雀ゲームのメリットとデメリット :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

基本的な所を押さえたら早速実践してみましょう。
一昔前なら4人揃わないとできなかった麻雀が、
パソコンさえあれば「いつでも」「どこでも」気軽に麻雀が打てる便利な世の中になりました。

麻雀ロゴ

麻雀ゲームのメリットとデメリット

スポンサードリンク

麻雀の一連の流れがだいたい把握できたら、早速実際に麻雀を打ってみましょう。
麻雀を打つといっても、いきなり雀荘に1人で行って知らない人と打つのはなかなか難しいと思います。

最近は、本当に便利な世の中になりましたね。
パソコンがネットに繋がっている環境であればいつでもどこでも気軽に麻雀ゲームが打てるようになりました。
つまりこのサイト(麻雀-「初心者から上級者への道」)が閲覧できている時点で麻雀が打てるということになりますね。

またほとんどの麻雀ゲームが簡単なID登録などをするだけで無料で気軽に楽しむことができます。

ただ、手軽さゆえにデメリットも多数存在します。

麻雀ゲームのメリット

なんといっても一番のメリットはパソコンがネットに繋がっている環境があれば、「いつでも」「どこでも」麻雀が打てるということでしょう。

麻雀ゲームが普及している昨今、よほどマイナーな麻雀ゲーム以外メンツが揃わないといったこともほとんどありません。

そして、そのほとんどが簡単なIDやメールアドレスを登録するだけで無料で楽しむことが可能です。

中には、牌譜(はいふ・・・プレイヤーのツモ・打牌・役・鳴き・得点などの記録)を提供してくれるものもあり、自分の打ち方の研究ができたりもします。

麻雀ゲームのデメリット

次にデメリット。
デメリットも多数存在します。

対人と対コンピューターでデメリットも様々ですが、

対人の場合
まず一番多いのは、局途中での離席や回線落ち。
相手が見えない麻雀ゲームなので、安易に離席や回線落ちするプレイヤーが後をたちません。

また、明らかに危険とわかっていても安易に危険牌をバンバン切るプレイヤーや、わざと長考するプレイヤーなど・・・・

対コンピューターの場合
打ちスジが単調だったり、配牌があきらかに偏っていたり・・・・・

麻雀ゲームのメリットとデメリット まとめ

一長一短ですが、それでも麻雀ゲームはメリットの方が圧倒的に魅力てきですね。
「いつでも」「どこでも」気軽に楽しめる麻雀ゲームなだけに、プレイヤー一人一人のマナーが問われますが、それさえクリアできれば麻雀ゲームがよりよいものになることは間違いありません。

ネット麻雀が普及している昨今。
日本一の雀士はプロ雀士ではなく、ネット雀士にいるかもしれませんね。

前置きが長くなりましたが、次のページから麻雀ゲームを紹介していきます。


関連しているページなし

登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」