3つの「フリテン-振聴」 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀のルール・牌の種類・ゲームの進め方など説明です。
誰でも最初は初心者です。
基本的なことからきっちり覚えていきましょう。

麻雀ロゴ

3つの「フリテン-振聴」

スポンサードリンク

フリテンの定義は、「テンパイ状態なのにロンあがりできない!!」状態のことをいいます。

「自分の捨て牌によるフリテン」・・自分の捨て牌でロンできない
「リーチ後のフリテン」・・・リーチ後一度でも上がり牌を見逃すとロンできない
「同巡内フリテン」・・・ヤミテン中、上がり牌を見逃すと自分のツモ番を過ぎるまでロンできない

「自分の捨て牌によるフリテン」

これは麻雀の大原則なので必ず覚えておきましょう。
麻雀は自分の捨てた牌では絶対に「ロン」あがりできません。
※ツモあがりは可能です。

これだけだと、自分の捨て牌を見ればすぐわかるので簡単ですが、その捨てた牌が絡んだ複数の待ちがある場合それらの牌が出ても「ロン」あがりできません。

例えば
中・チュン中・チュン八筒・パーピン八筒・パーピン八筒・パーピン七索・チーソー八索・パーソー九索・キュウソー一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン七萬・チーマン八萬・パーマン テンパイ
待ち六萬・ローマン九萬・キュウマンの場合

テンパイ前に一度でも六萬・ローマンを捨ててしまっていたら、九萬・キュウマンでも「ロン」あがりできなくなってしまいます。

極端な話
一萬・イーマン一萬・イーマン一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン四萬・スーマン五萬・ウーマン六萬・ローマン七萬・チーマン八萬・パーマン九萬・キュウマン九萬・キュウマン九萬・キュウマンテンパイ
一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン四萬・スーマン五萬・ウーマン六萬・ローマン七萬・チーマン八萬・パーマン九萬・キュウマン待ち
の場合、テンパイ前に一度でも1~9のマンズを一つでも捨てていると、全てのマンズで「ロン」あがりできなくなりあます。
※ツモあがりは可能です。

 

「リーチ後のフリテン」

リーチ後にあがり牌を見逃す、もしくはあがり牌をツモ切りするとフリテン扱いとなる。
上で解説している「自分の捨て牌によるフリテン」同様、複数の待ちがある場合それらも当然「ロン」できなくなる。

ここからが注意してほしいのですが、「リーチ後のフリテン」は一般的にはツモあがりできるのですが、地域やグループによって「リーチ後のフリテン」事態をNGとし、ツモあがりすら許さないルールを採用する場合が多々あります。その場合「ツモ」を宣言すると「チョンボ」となってしまいます。

局開始前に念のため確認しておきましょう。

 

「同巡内フリテン」

これはテンパイ(ヤミテン)時に下家が捨てたあがり牌を見逃した際、対面/上家 であがり牌が出ても「ロン」することができないルール。

文章では少し説明しづらいので下のイラストで説明します。

同巡内フリテン解説イラスト


関連しているページ
Category: 麻雀って?
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」