「あがる」ためには
スポンサーリンク

局のゴールは和了

では、どのようにすれば「あがる」ことができるのでしょうか?
※このサイト内ではわかりやすいように「あがる」という言葉を使っていますが麻雀用語ではこの「あがる」ことを「和了-ほーら」といいます。

麻雀のあがりの形は
「1雀頭+4面子」という5つのグループが基本形となります。

面子イラスト 雀頭 順子(じゅんつ) 刻子刻子(こーつ) 槓子(かんつ)

①雀頭(じゃんとう)
数牌でも字牌でもかまわないので、同じ柄の牌を2つそろえる。
一筒・イーピン一筒・イーピンとか北・ペー北・ペーなどの2枚で1グループとします。

②面子
②-1 順子(じゅんつ) 数牌で二索・リャンソー三索・サンソー四索・スーソーだとか六筒・ローピン七筒・チーピン八筒・パーピンなどの同じ数牌の連続する3つの数字の集まりのことをさします。一萬・イーマン二索・リャンソー三筒・サンピンだとか八索・パーソー九索・キュウソー一索・イーソーは面子ではないので注意しましょう。

②-2 刻子(こーつ) 数牌でも字牌でもよいので、同じ柄の牌を3つそろえることをさします。 例えば、二萬・リャンマン二萬・リャンマン二萬・リャンマンとか中・チュン中・チュン中・チュンのことをいいます。

②-3 槓子(かんつ) 数牌でも字牌でもよいので、同じ柄の牌を4つそろえることをさします。例えば、南・ナン南・ナン南・ナン南・ナン九索・キュウソー九索・キュウソー九索・キュウソー九索・キュウソーのこと。

 

1雀頭は確定ですが、残りの4面子②-1 ~ ②-3までどのような揃え方でもかまいません。例えば

「雀頭+順子+順子+順子+順子」だとか
「雀頭+順子+刻子+刻子+刻子」だとか
「雀頭+順子+刻子+刻子+槓子」だとか・・・・

これらの「1雀頭+4面子」 +役 ができればあがることができます。
※役については「麻雀の役」で詳しく説明しています。

役がなければ「1雀頭+4面子」ができてもあがることはできません。

では、役がなければどうすればいいのか?
そんな時のために「リーチ」というものがあります。

次のページではこの「リーチ」について解説していきます。