「チョンボ」と「あがり放棄」 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀のルール・牌の種類・ゲームの進め方など説明です。
誰でも最初は初心者です。
基本的なことからきっちり覚えていきましょう。

麻雀ロゴ

「チョンボ」と「あがり放棄」

スポンサードリンク

麻雀でルール違反があると「チョンボ」もしくは「あがり放棄」が適用されます。

◎重大なルール違反は「チョンボ」
◎局が続行可能の軽度なルール違反は「あがり放棄」

では具体的によくある「チョンボ」と「あがり放棄」が適用される例を紹介していきます。

チョンボ

チョンボとは麻雀における重大なルール違反をさします。このチョンボが適用されると、チョンボを犯したプレイヤーは他のプレイヤーに対して罰符(ばっぷ)として一定の点数を支払い、局をやり直すのが一般的です。

罰符(ばっぷ)は、一般的に

親の場合は子3人に各4000点ずつ 計12000点
子の場合は親に4000点 子2人に各2000点 計8000点

とすることが多い。
このことから、「チョンボは満貫払い」とよく言われます。

具体的にはチョンボが適用される例

◎誤ロン・誤ツモ
・・・テンパイしていない状態でロンやツモを宣言した場合。
・・・フリテンが成立している状態でロンやツモを宣言した場合。
・・・役が確定していない状態でロンを宣言した場合。
・・・テンパイしていない状態でのリーチを宣言し流局した場合。
(他家が流局前にあがれば、あがりが優先されるためチョンボは解消される。)

・・・その他、あきらかに局続行不可能な事態を起こした場合ももちろんチョンボあつかいとされいます。
(壁牌を派手に崩したり、局中に自動卓のボタンを誤って押してしまい、局続行不能となった場合など・・・・)

あがり放棄

「あがり放棄」はチョンボとくらべると、やや軽度なルール違反をした場合に適用されます。目安としては、局続行可能なルール違反となります。「あがり放棄」が適用されると、鳴き(ポン・チー・カン)や流局時のテンパイ宣言、「あがる」ことそのものが不可となります。

初めのルール決め次第ですが、ルールによってはツモ切りしかできないルールを採用しているグループもあります。

具体的に「あがり放棄」になる例

◎鳴き間違い(誤ポン・誤チー・誤カン)
・・・一萬・イーマン一萬・イーマン二萬・リャンマンでポン 三萬・サンマン四萬・スーマン六萬・ローマンでチー 三萬・サンマン三萬・サンマン三萬・サンマン二萬・リャンマンでカンを宣言してしまって牌を場に晒した場合。

◎多牌(ターハイ)と少牌(ショウハイ)
・・・通常ツモる前の手牌の枚数は必ず13枚となりますが、何らかの理由で14枚の牌があったり、12枚の牌しかなかった場合。原因の多くはツモの後の打牌忘れや、カンしたあとのリンシャン牌のツモ忘れとなります。

◎誤ツモ・誤ロンをして牌を倒さなかった場合
・・・誤ツモ・誤ロンを宣言して牌を倒してしまうとチョンボ扱いですが、宣言後すぐに気付き牌を倒さなかった場合はあがり放棄として局を続行させるのが一般的です。が、宣言した瞬間にチョンボを適用させる場合もあります。

「チョンボ」と「あがり放棄」のあいまい性

上記で「チョンボ」と「あがり放棄」の解説をしてきましたが、
「チョンボ」と「あがり放棄」はかなりルール決めに依存する部分があります。

例えば、誤チー 誤ポンをするだけでチョンボ扱いにしたり、
壁牌を崩してもチョンボやあがり放棄にならず、供託だけで済ましたりする場合があります。

要は「キメ」次第となるので、後々のラブルを避けるために事前にルールをしっかりと確認しておきましょう。

供託とは?
「チョンボ」や「あがり放棄」よりもさらに軽度なルール違反と判断されれば、
1000点棒を罰符(バップ)として場に出すことによって、局続行可能とするルール。
この1000点はその局をあがったものが得ることができることになります。
(リーチを宣言した場合も供託として1000点場に出しますが、この場合は罰符としてではなく、リーチ料と考えます。)

関連しているページなし

Category: 麻雀って?
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」