六飜(ハン)の役 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

上がりの価値を決める役の一覧です。
初心者はまず出現頻度の高い一飜の役と二飜の役だけをきっちり覚えるようにしましょう。

麻雀ロゴ

六飜(ハン)の役

スポンサードリンク

清一色(ちんいーそー)

一般的に「ちんいつ」と呼ばれる。
単体で唯一六飜(ハン)の役となり、役満の次に飜数の高い役となります。

1種類数牌のみで作られる役。
飜数が高い分有効牌を集めるのが非常に難しく、捨て牌は他の2種類の牌と字牌ばかりが並ぶので、他家から読まれやすい役ともなります。

また、清一色は同じ数牌の面子が並ぶため自分の待ちが何なのか困惑する場合があります。
※麻雀初心者には難しい部分になってきます。

条件と食い下がりetc
◎鳴くと食い下がりとなり五飜(ハン)の役となります。
※単体で五飜(ハン)の役になりうるのはこの「鳴きの清一色」のみとなります。

(例)
一索・イーソー二索・リャンソー二索・リャンソー三索・サンソー三索・サンソー四索・スーソー五索・ウーソー五索・ウーソー五索・ウーソー六索・ローソー七索・チーソー八索・パーソー九索・キュウソーテンパイ
一索・イーソー四索・スーソー七索・チーソー 六索・ローソー九索・キュウソー待ち

一索・イーソーであがれば、平和 一盃口 一気通貫が付き
四索・スーソーであがれば、平和 一気通貫が付き
七索・チーソーであがれば、平和 が複合しますが、

六索・ローソー九索・キュウソーあがりの場合は清一色(ちんいつ)のみとなります。

 



関連しているページ
Category: 麻雀の役
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」