メンタンピン-これが攻めの基本 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

ここでは基本的な麻雀の「攻め方」を解説していきます。

麻雀ロゴ

メンタンピン-これが攻めの基本

スポンサードリンク

麻雀の「攻め」の基本はメンタンピンです。

まずメンタンピンの意味は

メン(メンゼン)・・・メンゼンにてリーチをかける。
タン(タンヤオ)・・・ヤオチューハイ(1/9/字牌)無しの手作り。
ピン(ピンフ)・・・1雀頭+4順子(リャンメン待ち)の手作り。

となります。

なぜ「メンタンピン」が「攻め」の基本になるかというと、牌効率がよくなおかつ比較的満貫以上の手になりやすいことがあげられます。

順序はあべこべですが、まずはメンタンピンの「タン」から!!

メンタンピンの「タン」

メンタンピンの「タン」はタンヤオのタンだということを先ほども言いましたが、タンヤオがなぜ「攻め」の基本になるのか?

それは

第一に牌効率のUP!!
第二に一飜(ハン)の役の確率!!

の2点となります。

第一の牌効率のUPですが、
タンヤオはヤオチューハイ(1/9/字牌)無しの手作りとなります。
ヤオチューハイを使用しないということは逆に言うとチュウチャンパイのみ(数牌の2~8)を使用した手作りということになります。

考えてみればすぐわかることなのですが、チュウチャンパイは後1枚有効牌がくれば、それだけで両面待ちにすることが可能です。

逆に1 9牌の場合、両面待ちにするには一度必ずカンチャンを通らなくてはならないので「あがる」には遠回りとなります。

例)一萬・イーマンを両面待ちにしようとすると、三萬・サンマンをツモって四萬・スーマンをツモって一萬・イーマンを打牌して二萬・リャンマン五萬・ウーマン待ちとしなくてはなりません。これと違い

チュウチャン牌の場合

例)六萬・ローマンを両面待ちにしようとすると、五萬・ウーマンもしくは七萬・チーマンをツモるだけで即座に両面待ちに構えることが可能です。

次に字牌ですが、
字牌は数牌ではないので順子で構えることができません。順子で構えることができないということは、対子もしくは刻子にするしか使い道がありません。対子ならまだしも副露なしで刻子にするのはなかなか厳しいです。

ダブ東・トンダブ南・ナンもしくはドラになっていない浮牌の字牌は最初に切り捨てましょう。

第二に一飜(ハン)の役の確率はそのままですが、
タンヤオは一飜(ハン)の役がつきます。牌効率がUPするうえに役まで付加されることになります。

次はメンタンピンの「ピン」

メンタンピンの「ピン」

これもタンヤオと同じ理由からです。

第一に牌効率のUP!!
第二に一飜(ハン)の役の確率!!

ピンフは役牌以外を雀頭にし、残りの4面子は全て順子。待ちは両面で成立する役となります。順子は刻子に比べはるかに面子が揃いやすいです。

例えば四萬・スーマンを刻子にしようとすると、残り3つしかない四萬・スーマンを自らのツモで2つも引かなくてはなりません。

逆に四萬・スーマンを順子にしようとすると、各4枚ずつ存在する

二萬・リャンマン三萬・サンマン / 三萬・サンマン五萬・ウーマン / 五萬・ウーマン六萬・ローマンのペアを各1枚ずつ揃えるだけで1面子完成します。

つまり順子は刻子にくらべ圧倒的に牌効率が良いといえます。

第二はタンヤオ同様の理由です。
牌効率が良いのに加えさらに一飜(ハン)の役がつきます。

メンタンピンの「メン」

最後はメンタンピンの「メン」です。
メンタンピンの「メン」は門前でリーチをすることを指します。

すでにタンピンと役ができているのでリーチはしなくてもあがれますが、ピンフは順子の集まりなので圧倒的に裏ドラがのりやすいです。加えてリーチの一飜(ハン)が付き、運がよければ、一発(即)の一飜(ハン)まで付くことがあります。

先制リーチなら積極的にリーチをかけるようにしてください。


関連しているページなし

登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」