麻雀の符計算 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

初心者脱出!?
麻雀の点数計算を覚えましょう。
少しの暗記と少しの練習問題で簡単に覚えられます。

麻雀ロゴ

麻雀の符計算

スポンサードリンク

麻雀の点数の出し方は、簡単にまとめると

符×飜=点数

となります。
まず、符×飜の「符」について解説していきます。

符は4グループの合計にて算出していきます。

A・・・基本点20符(あがった時に必ずつきます。)
B・・・メンゼンロン30符ツモの場合は2符
C・・・面子と雀頭の組み合わせで付く符(2符~32符)
D・・・テンパイの形に付く符(2符)

早速例題を1つ

符の計算解説イラスト・麻雀符の計算解説イラスト・麻雀

符点はこれら
A~Bの符を合計し一の位を切り上げたものになります。
ではもう少し噛み砕いて解説していきます。

A・・・基本点20符

どんなあがり方をしても必ず付く基本点がこの20符です。
リーチをかけようが、
副露しようが、
ダマテンで構えようが、
あがれば必ず付く符となります。
つまりあがれば最低でも20符以上は符点が必ず付きます。

B・・・メンゼンロンは10符/ツモは2符

そのままですが、メンゼンロンは基本点に加えさらに10符付きます。
副露していると、例えロンでもこの10符は付きません。

ツモ点は例外なく2符付きます。
(副露していても付きます。)

C・・・面子と雀頭に付く2~32符

その名の通り特定の面子には符が付きます。
大きく分けると
役牌の雀頭 / 刻子 / 槓子

この3種類に面子の符が付きます。
(詳細は次のページで解説していきます。)

D・・・テンパイの形に付く2符

不自由な待ちの形つまり
単騎待ち / カンチャン待ち / ペンチャン待ち
に2符付きます。
(詳細は次のページで解説していきます。)

 


関連しているページ
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」