麻雀の点数を公式から算出する :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

初心者脱出!?
麻雀の点数計算を覚えましょう。
少しの暗記と少しの練習問題で簡単に覚えられます。

麻雀ロゴ

麻雀の点数を公式から算出する

スポンサードリンク

「点数計算を覚えて初心者脱出!?」でも述べましたが、麻雀の点数は

◎公式に符と飜をあてはめて計算する方法
◎点数表を丸暗記する方法

の2種類あります。
麻雀の点数計算が本当に早い人は間違いなく後者となります。が・・・・

麻雀の点数計算の仕組みになる部分なので「公式に符と飜をあてはめて計算する方法」を知っていても損にはならないので、とりあえず「公式に符と飜をあてはめて計算する方法」を解説していきます。

とりあえず回答から。下記の表が正式な麻雀の点数表となります。

麻雀の(子)点数表

子の点数表
( )内はツモったときの点数 (左が子/右が親)の支払う点数となります。
符点/役1役2役3役4役
20符   ///  1300
(400 / 700)
   2600
(700 / 1300)
   5200
(1300 / 2600)
25符   ///  1600
(400 / 800)
   3200
(800 / 1600)
   6400
(1600 / 3200)
30符  1000
(300 / 500)
  2000
(500 / 1000)
   3900
(1000 / 2000)
   7700
(2000 / 3900)
40符  1300
(400 / 700)
  2600
(700 / 1300)
   5200
(1300 / 2600)
満貫
50符  1600
(400 / 800)
  3200
(800 / 1600)
   6400
(1600 / 3200)
満貫
60符  2000
(500 / 1000)
   3900
(1000 / 2000)
   7700
(2000 / 3900)
満貫
70符  2300
(600 / 1200)
   4500
(1200 / 2300)
満貫満貫

麻雀の(親)点数表

親の点数表
( )内はツモった時の子3人の支払いとなります。
符点/役1役2役3役4役
20符  ///  2000
(700 オール)
   3900
(1300 オール)
   7700
(2600 オール)
25符  ///  2400
(800 オール)
   4800
(1600 オール)
   9600
(3200 オール)
30符  1500
(500 オール)
  2900
(1000 オール)
   5800
(2000 オール)
   11600
(3900 オール)
40符  2000
(700 オール)
  3900
(1300 オール)
   7700
(2600 オール)
満貫
50符  2400
(800 オール)
  4800
(1600 オール)
   9600
(3200 オール)
満貫
60符  2900
(1000 オール)
   5800
(2000 オール)
   11600
(3900 オール)
満貫
70符  3400
(1200 オール)
   6800
(2300 オール)
満貫満貫

満貫以上は符計算不要なので表に入れていませんが、

子        ロン         ツモ
満貫    8000     (2000 / 4000)
ハネ満  12000    (3000 / 6000)
倍満    16000  (4000 / 8000)
三倍満  24000  (6000 / 12000)
役満    32000  (8000 / 16000)

親         ロン        ツモ
満貫    12000   (4000 オール)
ハネ満  18000   (6000 オール)
倍満    24000   (8000 オール)
三倍満  36000   (12000 オール)
役満    48000   (16000 オール) となります。

この点数表では70符までしか記載していませんが、80符 90符なども理論的にありえます。・・・・・が実戦ではほぼ100%出現することがないので記載はしません。
仮にそういう場面に出くわしても80符は40符の倍、90符は30符の3倍で計算できるので問題ありません。

少し話がそれました。
さっそく公式について解説していきます。

麻雀の点数を出す公式は「麻雀の符計算」で説明しているように点数の出しかたは

符×飜=点数

となります。「符」の出し方についてわからない場合は「面子と雀頭・テンパイの形に付く符点」で確認してください。

飜にも少しだけカラクリがあります。
ただ単に「二飜だから×2」とか「三飜だから×3」となるわけではありません。

飜は 2の2乗 2の3乗 計算になります。
この「〇乗部分」に飜数を入れて子の時はさらに×16 親の時は×24をし10の位を切り上げることで点数を導きさすことができます。

例)
1)子 30符2飜の場合
30×(2×2×16)=1920 10の位切り上げで2000点

2)親 50符2飜の場合
50×(2×2×24)=4800 4800点

3)子 40符3飜の場合
40×(2×2×2×16)=5120 10の位切り上げで5200点

子の時の×16 親の時の×24を覚えれば後は簡単ですね。
ただ何度も言うようにいちいちこの公式に当てはめていたら、時間がいくらあってもたりません。(よっぽど暗算の早い人は別ですが・・・)

麻雀の点数を早く出すためには、上で紹介している、
「親の点数表」と「子の点数表」を丸暗記するようにしましょう。

次のページでは「麻雀の点数表を覚えるコツ」について紹介します。


関連しているページ
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」