役満 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

上がりの価値を決める役の一覧です。
初心者はまず出現頻度の高い一飜の役と二飜の役だけをきっちり覚えるようにしましょう。

麻雀ロゴ

役満

スポンサードリンク

国士無双(こくしむそう)

なかなかでない役満のなかでは、比較的出やすい役となります。
全ての種類の一・九の数牌(6枚)と全ての種類の字牌(7枚)計13枚と、これら13枚のうちの一つと対子になる1枚で構成される役。

通常の「雀頭+4面子」とことなり、特殊な役となるので、副露は必然的に不可となります。

構成される牌はすべて端牌と字牌で構成されるため局序盤から、中張牌(ちゅうちゃんぱい)を河に捨てることになるため他家に簡単に手牌を築かれてしまう。基本自力でツモる役となります。

(例)
一萬・イーマン九萬・キュウマン一索・イーソー九索・キュウソー一筒・イーピン九筒・キュウピン東・トン南・ナン西・シャー北・ペー白・ハク中・チュン中・チュンテンパイ
發・ハツ待ち

一萬・イーマン九萬・キュウマン一索・イーソー九索・キュウソー一筒・イーピン九筒・キュウピン東・トン南・ナン西・シャー北・ペー白・ハク中・チュン發・ハツテンパイ
一萬・イーマン九萬・キュウマン一索・イーソー九索・キュウソー一筒・イーピン九筒・キュウピン東・トン南・ナン西・シャー北・ペー白・ハク中・チュン發・ハツ待ち

②のように、1度も対子を作らずに国士無双のテンパイまでいくと、「国士無双13面待ち」として、ダブル役満扱いする場合もある。

 


四暗刻(すーあんこう)

役満の中では比較的出現率が高い部類に入る役となります。
構成は、「一つの雀頭+四つの暗刻」で成立となります。
門前役となるので、鳴いてしまうと四暗刻(すーあんこう)不成立となります。
多くの役満は牌を固定されていますが、四暗刻(すーあんこう)はどの牌を使用しても良いので、比較的相手から読まれにくい役ともなります。

条件と食い下がりetc
◎鳴くと不成立。
◎暗槓子なら槓子が含まれていても成立。
◎四暗刻(すーあんこう)の待ちは必ずシャンポンか単騎待ちとなる。

(例)
發・ハツ發・ハツ發・ハツ四筒・スーピン四筒・スーピン四筒・スーピン五筒・ウーピン五筒・ウーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン二索・リャンソー二索・リャンソー二索・リャンソーテンパイ
四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン七筒・チーピン待ち
気を付けてほしいのが例のように多面張になったケース。
気を付ける点は、「①同順内フリテンと②リーチ後の暗槓」
これをすると、どちらもチョンボとなります。

①同順内フリテン・・・四暗刻ダマテン直後、下家が河に四筒・スーピンを。この場合「役牌+三暗刻の3役」になるので見逃し。その次の対面より六筒・ローピンが。これをロンすると「同順内フリテン」となりチョンボとなる。
※待ちを見逃した場合次の自ツモまで上がることはできなくなるルール。

②リーチ後の暗槓・・・これはマレなケースですが、待ちが多面張でややこしいのでリーチ後に自ツモの五筒・ウーピンを槓。これで待ちは六筒・ローピンのみになりましたが、この時点でチョンボとなります。もちろん後に六筒・ローピンが出ても上がることはできません。
※リーチ後に待ちが変わるような槓はしてはいけないルール。

 


大三元(だいさんげん)

見る機会の多い役満。
三元牌の3種をすべて刻子にすれば成立する役。
副露しても成立するので比較的揃えやすいが、その分警戒もされやすい。

四飜確定役の小三元とどまりの場合が多い。

条件と食い下がりetc
◎食い下がり無し。鳴いても役満成立。
◎槓子が混ざっても成立する。

(例)
白・ハク白・ハク白・ハク發・ハツ發・ハツ中・チュン中・チュン中・チュン四筒・スーピン四筒・スーピン四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピンテンパイ
發・ハツ四筒・スーピン七筒・チーピン待ち

發・ハツであがれば大三元の役満
四筒・スーピン七筒・チーピンであがれば、「小三元+ホンイツ+三暗刻」の九飜の役となります。

 


字一色(ツーイーソー)

文字通り字牌のみで構成される役満。
字牌のみなので、あがりの形は必ず「トイトイかチートイ」となります。

まれに、大三元や暗刻などと複合でダブル役満になることも。
※役満以上の点数は打ち切りとするルールもあるので局開始前に確認しておきましょう。

序盤に切られるはずの捨て牌が見えない、もしくは字牌の副露(ふーろ)の多様で、他家からは警戒されやすい手ともなります。

条件と食い下がりetc
◎門前でなくとも役満成立。副露(ふーろ)可。

(例)
東・トン東・トン東・トン西・シャー西・シャー白・ハク白・ハク  發・ハツ發・ハツ發・ハツ 南・ナン南・ナン南・ナンテンパイ
西・シャー白・ハク待ち
門前でツモの場合「ツーイーソー+スーアンコウ」のダブル役満。

 


小四喜(しょうすーしー)

風牌(かぜはい)の東・トン 南・ナン 西・シャー 北・ペーうち、
1種類を雀頭、残り3種を刻子(もしくは槓子)にすることにより成立する役満。
残り一面子は何でも良い。

条件と食い下がりetc
◎食い下がり無し。副露(ふーろ)しても役満成立。

(例)
一筒・イーピン二筒・リャンピン三筒・サンピン西・シャー 東・トン東・トン東・トン  南・ナン南・ナン南・ナン  北・ペー北・ペー北・ペーテンパイ
西・シャー単騎待ち
ここまで派手に副露(ふーろ)してしまうと、まず西・シャーはでてこない。どんな役でもそうですが、なるべく門前で役を作りたいものです。


大四喜(だいすーしー)

風牌(かぜはい)の東・トン 南・ナン 西・シャー 北・ペーをすべて刻子(もしくは槓子)にすることにより成立する役満
待ちの形は必ず「単騎かシャンンポン待ち」となる。

条件と食い下がりetc
◎食い下がり無し。副露(ふーろ)しても役満成立。

(例)
一筒・イーピン一筒・イーピン西・シャー西・シャー 東・トン東・トン東・トン  南・ナン南・ナン南・ナン  北・ペー北・ペー北・ペーテンパイ
一筒・イーピン西・シャーのシャンポン待ち
一筒・イーピンであがると小四喜。
西・シャーであがると大四喜となります。
どちらも役満となるのですが、難易度の高い方の大四喜をダブル役満として扱う場合があるので、局開始まえに確認しておいた方が良いです。

 


緑一色(りゅーいーそー)

緑色だけを使用した牌のみで構成される役満。
具体的にいうと、二索・リャンソー三索・サンソー四索・スーソー六索・ローソー八索・パーソー發・ハツのみの使用であがることができると緑一色(りゅーいーそー)の成立となります。

一索・イーソー五索・ウーソー七索・チーソー九索・クッソーは、部分的に赤色が入っているので使用できません。

条件と食い下がりetc
◎食い下がりなし。副露(ふーろ)しても役満成立。

(例)
二索・リャンソー三索・サンソー四索・スーソー八索・パーソー八索・パーソー八索・パーソー發・ハツ發・ハツ 二索・リャンソー三索・サンソー四索・スーソー 六索・ローソー六索・ローソー六索・ローソーテンパイ
二索・リャンソー五索・ウーソー待ち
二索・リャンソーであがれば緑一色(りゅーいーそー)成立 役満となります。
五索・ウーソーであがればチンイツのみとなってしまいます。

 


清老頭(ちんろーとー)-(チンロー)

1と9の数牌(老頭牌)のみで構成される役満。
1と9の数牌のみなので順子はなく、全て刻子(こーつ)もしくあは槓子(かんつ)となる。

条件と食い下がりetc
◎食い下がりなし。鳴いても役満成立。

(例)
一萬・イーマン一萬・イーマン一萬・イーマン九萬・キュウマン九萬・キュウマン九索・キュウソー九索・キュウソー 一筒・イーピン一筒・イーピン一筒・イーピン 九筒・キュウピン九筒・キュウピン九筒・キュウピンテンパイ
九萬・キュウマン九索・キュウソー待ち
上がりの形は「トイトイ」となるので、待ちは必ず「シャンポン」か「単騎」となります。

 


四槓子(すーかんつ)

役満の中でも出現率の低さはダントツ。
構成は、その名の通り「槓」を四回すれば確定となる。
暗槓・明槓どちらでも構わないが、一人で4つ槓子をつくるのは至難の業。豪運も必要となる。

さらに自分以外の誰かが1回でも槓を宣言すれば、4回目の槓で四開槓の流局になるなど、あがるには弊害の多い役満となります。

条件と食い下がりetc
◎4つの槓子と雀頭で成立。鳴いても成立する。
◎待ちは必ず単騎待ちとなる。

(例)
一萬・イーマン 牌裏六索・ローソー六索・ローソー牌裏 七索・チーソー七索・チーソー七索・チーソー七索・チーソー 牌裏二筒・リャンピン二筒・リャンピン牌裏 北・ペー北・ペー北・ペー北・ペー
テンパイ
一萬・イーマン単騎待ち

 


九蓮宝燈(ちゅうれんぽうとう)

門前のみの役となります。
構成は数牌で「1112345678999+○」で成立。

条件と食い下がりetc
◎門前であることが条件(暗槓も不可)
◎待ちが国士無双の次に多い最多9面待ちがあるが、見る機会はないでしょう。

(例)
一萬・イーマン一萬・イーマン一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン四萬・スーマン五萬・ウーマン六萬・ローマン七萬・チーマン八萬・パーマン九萬・キュウマン九萬・キュウマン九萬・キュウマンテンパイ

待ち一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン四萬・スーマン五萬・ウーマン六萬・ローマン七萬・チーマン八萬・パーマン九萬・キュウマン

 


天和(てんほー)

親が配牌(14枚取得)時に「一雀頭+四面子」完成していると成立。
もちろん、「チートイツ」「国士無双」などでもあてまはる。
麻雀人生でリアルで見ることはほぼないでしょう。

 


地和(ちーほー)

「天和」のが親の役満にたいして、「地和」は子役満となります。
子が第一ツモで上がることができれば成立。

第一ツモの前に他家が鳴くと解消されてします。
「天和」同様生で見ることはほぼないでしょう。


関連しているページ
Category: 麻雀の役
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」