麻雀の点数表を覚えるコツ :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

初心者脱出!?
麻雀の点数計算を覚えましょう。
少しの暗記と少しの練習問題で簡単に覚えられます。

麻雀ロゴ

麻雀の点数表を覚えるコツ

スポンサードリンク

麻雀の点数表を覚えるコツは

◎飜(ハン)の列ではなく符の列で覚える。
◎ただやみくもに覚えるのではなく「ゴロ」で覚える。

基本的にはこの2点となります。

麻雀の(子)点数表を覚えるコツ

子の点数表
( )内はツモったときの点数 (左が子/右が親)の支払う点数となります。
符点/役1役2役3役4役読み方(ゴロ)
20符   ///  1300
(400/700)
   2600
(700/1300)
   5200
(1300/2600)
イチサン・ニーロク・ゴーニー
(40符と同じ)
25符   ///  1600
(400/800)
   3200
(800/1600)
   6400
(1600/3200)
イチロク・サンニー・ロクヨン
(50符と同じ)
30符  1000
(300/500)
  2000
(500/1000)
   3900
(1000/2000)
   7700
(2000/3900)
セン・ニセン・ザンク・ナナナナ
40符  1300
(400/700)
  2600
(700/1300)
   5200
(1300/2600)
満貫イチサン・ニーロク・ゴーニー
50符  1600
(400/800)
  3200
(800/1600)
   6400
(1600/3200)
満貫イチロク・サンニー・ロクヨン
60符  2000
(500/1000)
   3900
(1000/2000)
   7700
(2000/3900)
満貫ニセン・ザンク・ナナナナ
(30符と同じ)
70符  2300
(600/1200)
   4500
(1200/2300)
満貫満貫ニーサン・ヨンゴー

まずは、子の点数表を覚えていきます。
上の点数表を漠然と見て、いきなり全部覚えるのは大変です。

とりあえず赤字のゴロだけ覚えます。

30符のセン・ニセン・ザンク・ナナナナ
40符のイチサン・ニーロク・ゴーニー
50符のイチロク・サンニー・ロクヨン
70符のニーサン・ヨンゴー

その他はこの点数の役数違いとなります。
子の点数はこの4種さえ覚えれば後は、慣れですぐ覚えることができます。

次は、親の点数表。

麻雀の(親)点数表を覚えるコツ

親の点数表
( )内はツモった時の子3人の支払いとなります。
符点/役1役2役3役4役読み方(ゴロ)
20符  /// 2000
(700オール)
 3900
(1300オール)
 7700
(2600オール)
ニセン・ザンク・ナナナナ
(40符と同じ)
25符  /// 2400
(800オール)
 4800
(1600オール)
 9600
(3200オール)
ニーヨン・ヨンハチ・キュウロク
(50符と同じ)
30符 1500
(500オール)
 2900
(1000オール)
 5800
(2000オール)
11600
(3900オール)
イチゴー・ニッキュウ・ゴッパ・イチイチロク
40符 2000
(700オール)
 3900
(1300オール)
 7700
(2600オール)
満貫ニセン・ザンク・ナナナナ
50符 2400
(800オール)
 4800
(1600オール)
 9600
(3200オール)
満貫ニーヨン・ヨンハチ・キュウロク
60符 2900
(1000オール)
 5800
(2000オール)
11600
(3900オール)
満貫ニッキュウ・ゴッパ・イチイチロク
(30符と同じ)
70符  3400
(1200オール)
 6800
(2300オール)
満貫満貫サンヨン・ロクハチ

親の点数表も子と同様に赤字の4種類を覚えれば、後は役数違いとなります。

30符のイチゴー・ニッキュウ・ゴッパー・イチイチロク
40符のニセン・ザンク・ナナナナ
50符のニーヨン・ヨンハチ・キュウロク
70符のサンヨン・ロクハチ

このように考えていけば案外覚えやすいはずです。
初めのうちは点数が出てくるまで時間がかかりますが、後は慣れるだけです。

素早く点数が言えるようになるまでは他家があがった時の点数も計算するようにすると点数計算の上達が早くなるので、なるべく計算するようにしましょう。


関連しているページ
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」