ら行 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀用語は難しい漢字がたくさん採用されています。
発祥が中国なので、当たり前と言えば当たり前ですが。
わからない用語は検索BOXで検索してみてください。
ひらがなでも検索できるようにしています。

麻雀ロゴ

ら行

スポンサードリンク

立直棒(りーちぼう)・・・リーチをするときに必要な1000点棒のこと。

 

理牌(りーぱい)・・・配牌された牌を自分が見やすいように並べ替え(整理)すること。初心者でありがちなのは、字牌は右端か左端。他家に自分の手が読まれやすくなるので、ランダムに理牌するのが望ましい。

 

両嵌(りゃんかん)・・・嵌張(かんちゃん)が隣り合っている状態。
(例)五筒・ウーピン七筒・チーピン九筒・キュウピン で 六筒・ローピン八筒・パーピン受け状態になることをさす。

 

二飜縛り(りゃんはんしばり)・・・その名の通り二飜以上の役がなければあがれないルール。主に4本場(親が4連チャン)したのちに適用される。子があがると解消される。

 

両面待ち(りゃんめんまち)・・・対子(といつ)と3面子完成しており、残り1面子が順子の両面で待つ状態のこと。
(例)牌裏牌裏 牌裏牌裏牌裏 牌裏牌裏牌裏 牌裏牌裏牌裏 四萬・スーマン五萬・ウーマン の状態で 三萬・サンマン六萬・ローマン待ちの状態。

 

流局(りゅうきょく)・・・局終了時、和了(ほーら)が出ない場合局が流れること。その他にも流局になる場合が多数存在する。
(例)九種九牌(きゅうしゅきゅうはい)/四家立直(すーちゃりーち)/四風連打(すーふぉーれんた)など・・・・

 

嶺上開花(りんしゃんかいほう)・・・聴牌状態で槓や抜きドラを使用し、嶺上牌があがり牌となると、嶺上開花という役がつく。(1飜)

 

嶺上牌(りんしゃんぱい)・・・「面子に槓子」や、「三人麻雀時の抜きドラ」を使用すると、自分の手牌の牌の数が1枚少なくなります。この1枚を補う牌のことを嶺上牌といいます。嶺上牌は王牌の左端に位置し反時計まわりに自摸していく。

 

連荘(れんちゃん)・・・局をまたいで親を連続ですることをいう。

 

老頭牌(ろうとうはい)・・・数牌の端つまり1と9の6種 計24枚のことをさす。
一萬・イーマン九萬・キュウマン一索・イーソー九索・キュウソー一筒・イーピン九筒・キュウピンのこと。


関連しているページ
Category: 麻雀用語集
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」