さ行 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀用語は難しい漢字がたくさん採用されています。
発祥が中国なので、当たり前と言えば当たり前ですが。
わからない用語は検索BOXで検索してみてください。
ひらがなでも検索できるようにしています。

麻雀ロゴ

さ行

スポンサードリンク

先付(さきづけ)・・・後付けの対義語。役を先に確定させること。完全先付ルールでは、数牌などを副露し役がなけらば、後で役牌を副露しても上がることができない。※副露無しで暗刻にしていれば役がつくのでフリテンにはならない。

 

三元牌(さんげんはい)・・・白・ハク 發・ハツ 中・チュンのこと。刻子・槓子にすればそれだけで、1飜つく。

 

三人麻雀(さんにんまーじゃん)・・・文字通り3人で麻雀をすること。その際、マンズの中張牌(ちゅうちゃんぱい)は除いて打つのが一般的。

 

地獄単騎(じごくたんき)・・・単騎待ちにおいて、なんらかの形(副露や河にに捨てられたはいなど)で上がれる牌があと1枚しかない状態。

 

字牌(じはい)・・・風牌(かぜはい)の東・トン 南・ナン 西・シャー 北・ペー と 三元牌(さんげんはい)白・ハク 發・ハツ 中・チュンのことをいう。

 

洗牌(しーぱい)・・・局の開始前に牌を混ぜ合わせること。最近では機械での洗牌が主流になってきており、雀荘での手での洗牌はなくなりつつある。

 

双碰待ち(しゃんぽんまち)・・・3面子完成しており、残りの2つが対子(といつ)の待ちになっている状態。
(例)一索・イーソー二索・リャンソー三索・サンソー七索・チーソー八索・パーソー九索・キュウソー四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン 東・トン東・トン 南・ナン南・ナン のような東・トン 南・ナン待ちの状態のことをいう。

 

順子(じゅんつ)・・・「1・2・3」 「4・5・6」などの数牌が連続に3つ並ぶ面子のことをさす。順子(じゅんつ)の両面待ちは麻雀の超基本形となる。
(例)六筒・ローピン七筒・チーピン八筒・パーピン や 四索・スーソー五索・ウーソー六索・ローソー のことをさす。

 

生牌(しょんぱい)・・・まだ場に1枚も出ていない牌の総称。

 

数牌(すうぱい)・・・字牌(風牌/三元牌)以外の牌のことをさす。要は数字の牌のことである。

 

(すじ)・・・麻雀における超基本項目です。ここから攻めも守りも派生するものが多い。筋とは連続する2つの数牌(搭子という)の両隣の数牌のことをさす。
(例)四萬・スーマン五萬・ウーマン の筋(すじ)は 三萬・サンマン六萬・ローマン になる。

 

四開槓(すーかいかん)・・・九種九牌同様に局を流すルール。複数プレイヤーの槓(カン)の合計が4回に達すると流局とするルール。ただし、役満である四槓子(スーカンツ)の聴牌は局を続行する。必然的に他家が一度でも槓(カン)をしていると役満である四槓子(スーカンツ)は4つ目の槓(カン)で場が流れてしまうので、物理的に不可能となってします。

 

四家立直(すーちゃりーち)・・・九種九牌同様に局を流すルール。プレイヤー4人全員がリーチをし、4人目のプレイヤーの捨牌で誰もロンできなければ流局とするルール。

 

四風連打(すーふぉーれんた)・・・九種九牌同様に局を流すルール。すべてのプレイヤーが第一打牌時に同じ風牌を河に捨てると流局にすることができるルール。

 

そば聴(そばてん)・・・聴牌(てんぱい)直前に河に捨てた手出しの牌の周辺があがり牌になっている聴牌状態のこと。


関連しているページなし

Category: 麻雀用語集
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」