序盤に切られた数牌の外側は(比較的)安全

手役作りは外から中へが基本になる

序盤に切られた数牌の外側の牌は比較的安全な牌となります。
「数牌の外側」とは、数牌の5を基準に

「1←5」もしくは「5→9」のことを指します。

仮に序盤に四萬・スーマンが場に捨てられたとしましょう。
すると、一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマンは比較的安全といえます。

通常手牌に二萬・リャンマン三萬・サンマンがある場合は四萬・スーマンがあることによって
三萬・サンマンの時は三萬・サンマン四萬・スーマン二萬・リャンマン五萬・ウーマン受けができ
二萬・リャンマンの時は二萬・リャンマン四萬・スーマン三萬・サンマン受けができます。
このようなメリットがあるのにもかかわらず、序盤から四萬・スーマンを捨てるということはこれらの二萬・リャンマン三萬・サンマンは手牌に関係ないと予測できるわけです。
一萬・イーマンはただ単に端牌のスジなので比較的安全だと言えます。
もちろん絶対に安全と言う訳ではありません。

序盤から手牌が良く
単騎待ちや、シャンポン待ちが確定されている場合や
一萬・イーマン一萬・イーマン二萬・リャンマン二萬・リャンマン四萬・スーマン 牌裏牌裏牌裏 牌裏牌裏牌裏 牌裏牌裏牌裏四萬・スーマン切り)
中盤・終盤に切られた四萬・スーマンの場合などは
(中盤・終盤の四萬・スーマン四萬・スーマン五萬・ウーマン三萬・サンマン四萬・スーマン四萬・スーマン四萬・スーマン切り)
二萬・リャンマン三萬・サンマンは十分危険です。二萬・リャンマン三萬・サンマンよりはるかにマシですが、ションパイなら一萬・イーマンも危険です。

ただ何も情報が無い場合の「駆け引きの判断材料」とはなるので覚えておきましょう。