麻雀の筋(すじ)は読みの基本 :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀は他家より「ロン」されると、取り返しのつかない致命傷を受けてしまうことが多々あります。ここでは「ロン」されないために「待ち読み」のテクニックを紹介していきます。

「他家への振込」ゼロを目指しましょう。

麻雀ロゴ

麻雀の筋(すじ)は読みの基本

スポンサードリンク

麻雀の良形の待ちは両面待ちです。
誰もがこの良形の両面待ちで構えようと摸打(もうだ)を繰り返していきます。

そして

麻雀にはフリテンルールというものがあります。
麻雀は自分の捨てた牌そして、捨てた牌が絡んだ複数の待ちがある場合それらの牌が出ても「ロン」あがりできないというルールです。
→詳しくは(3つの「フリテン-振聴」)で

そこから考えられたのが筋読みの概念です。

まず筋(すじ)を音で覚えてください。
麻雀を少しでもしたことがある人なら一度くらい聞いたことがあると思います。

1 4 7 (イー・スー・チー)
2 5 8 (リャン・ウー・パー)
3 6 9 (サブ・ロー・キュウ)
※真ん中の4 5 6の3つを「中すじ」といいます。

これが筋の全てです。
初心者の方も超基本的な部分となるので必ず覚えるようにしてください。

両面待ちをしていることが大前提ですが、

仮に四萬・スーマンを切ってテンパイしている人がいれば一萬・イーマン七萬・チーマンロンあがりできません。
おなじく五萬・ウーマンを切っていれば二萬・リャンマン八萬・パーマンロンあがりはできません。
さらに六萬・ローマンを切っていれば三萬・サンマン九萬・キュウマンロンあがりはできないということになります。

このことから筋(スジ)は比較的安全な牌と位置づけされます。が・・・・
両面待ち以外のタンキ待ちやカンチャン・ペンチャン・シャンポン待ちをされていると、この考えはあてはまりません。
→待ちの種類の詳細は(「待ち」の種類を確認)で。

たとえば四萬・スーマンを切っていても六萬・ローマン八萬・パーマン七萬・チーマン待ちしている場合や
同じくを五萬・ウーマン切っていても一萬・イーマン三萬・サンマン二萬・リャンマン待ちをしている場合はロンされてしまいます。
あえてカンチャンで構えて「ひっかけ」てくるプレイヤーもいるので注意が必要ですが、割合的には両面待ちで構える場合が圧倒的に多くなります。何の情報もなく安全牌もなければ筋(すじ)を切りましょう。

次は、「この牌は危険牌と想定できる」裏すじについて解説していきます。

※補足※
よく見落としがちな「すじ」があるので補足しておきます。
テンパイしたプレイヤーが捨てた牌のみからしか「すじ」読みできない訳ではありません。
例えば東家がリーチをかけた場合、
リーチ後に切り出された(他家が捨てた牌も含め)すべての牌から「すじ」読みが可能となります。
例)東家が四萬・スーマンを切ってリーチ。
次に南家が危険な裏すじ牌の五萬・ウーマンを切るとします。
すると、西家と北家は五萬・ウーマンのすじである二萬・リャンマン八萬・パーマンが比較的切りやすくなる訳です。

関連しているページなし

登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」