ベタオリの技術
スポンサーリンク

ベタオリは麻雀に必要な技術です

麻雀は極論を言うと、「あがる」か「あがられる」か「流局」かの三通りしか存在しませ。

そして麻雀は四人のうちたった一人しかあがれないので、大部分は「あがられる」事になります。ここで、重要になってくるのが、「ベタオリ」の技術となります。
下記に記載している3点を守ることで「ロン」される確率が格段に減るはずです。

「読み」は基本当らない
「あがり」に使用(できない)されにくい牌を覚える
なにも考えず現物切りはNG

「読み」は基本あたらない。

いままで、スジなどいろいろな他家の危険牌、もしくは安全だろうと想定される牌を「読む」方法を解説してきましたが、100%的中できる物は(現物以外)ありません。

これらの「読み」は自分がどうしても攻めたい時になにも情報が無い場合に用いるものであって、「とりあえず回し打ちをしよう。」みたいな理由で用いるものではありません。そういう時に限って「ロン」を宣言されたりするものです。

では「読み」が使えないとなると、現物がない場合は何をきればいいのでしょうか?

「あがり」に使用(できない)されにくい牌を覚える

麻雀には統計的に「待ち」に使われやすい牌というものが決まっています。
ということは、単純に「待ち」に使えない、もしくは使いにく牌から順に切るように心がけましょう。

[table id=9 /]

NO、1から順に数字が大きくなればなるほど危険度が増します。言いかえればNO、8が待ちになることが一番多いということになります。この危険度表を頭に入れた上でいままで解説した「読み」を統合した考えができれば、「ロン」率は飛躍的にさがります。

基本は
NO,1の牌を なければ
NO,2の牌を なければ
NO,3の牌を




NO,8の牌をっといったふうに牌を切っていってください。

なにも考えず現物切りはNG

「おりる」時は原則現物切りです。が・・・・・
何も考えず現物切りでは後々不利になる可能性があります。

ライバルはリーチ(テンパイ)しているプレイヤーだけではありません。
麻雀は4人でするゲームなので、自分以外の3人がライバルとなります。

つまり大事なのは、
考え無しの現物より

将来、危険になりそうな現物を先に処理するということです。

極端な例ですが、
A君の捨て牌が
南・ナン東・トン九筒・キュウピン南・ナン四索・スーソー五萬・ウーマン一筒・イーピン
のような捨て牌で「リーチ」をかけてきた場合、

B君の手牌に
南・ナン五萬・ウーマン一筒・イーピンとあった場合、「ベタオリ」する時
いきなり南・ナン切りは正しい判断ではありません。
子の場合、他家の追っかけリーチ(テンパイ)に備えて
五萬・ウーマン一筒・イーピン⇒そして最後に南・ナンを切るのが正しい「ベタオリ」となります。

「ベタオリ」する時の現物の切り順は上の表の「NO,8⇒NO、1」の順に切るようしましょう。
※A君のリーチに対してC君やD君が明らかに危険な牌を捨てている時は当然C君D君当然テンパイしているものと考え、A君 C君 D君 3人に共通する現物を捨てるようにしてください。

 

一萬・イーマン二萬・リャンマン三萬・サンマン四萬・スーマン五萬・ウーマン六萬・ローマン七萬・チーマン八萬・パーマン九萬・キュウマン一索・イーソー二索・リャンソー三索・サンソー四索・スーソー五索・ウーソー六索・ローソー七索・チーソー八索・パーソー九索・キュウソー一筒・イーピン二筒・リャンピン三筒・サンピン四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン七筒・チーピン八筒・パーピン九筒・キュウピン東・トン南・ナン西・シャー北・ペー白・ハク發・ハツ中・チュン赤五萬・アカウーマン赤五索・アカウーソー赤五筒・アカウーピン牌裏