筋と壁の複合読み :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀は他家より「ロン」されると、取り返しのつかない致命傷を受けてしまうことが多々あります。ここでは「ロン」されないために「待ち読み」のテクニックを紹介していきます。

「他家への振込」ゼロを目指しましょう。

麻雀ロゴ

筋と壁の複合読み

スポンサードリンク

筋と壁の複合で他家の待ち牌を読む方法です。
局も煮詰まった終盤になると活用することが多くなる読みとなります。

少しだけ裏筋と壁のおさらい。

筋(すじ)
麻雀のあがりの基本はメンタンピンとなることから、ピンフに注目して
3個隣りの数牌は安全牌の可能性があるという考え方。
詳しくは「筋(すじ)読みのページで
壁(かべ)
自分からすでに4枚見えている数牌をみつけ、
その付近の牌は安全牌の可能性があるという考え方。
詳しくは「壁(かべ)読みのページで」

筋と壁の複合読み

 

北家の手牌
四筒・スーピン四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン七筒・チーピン八筒・パーピン九筒・キュウピン南・ナン南・ナン一萬・イーマン二萬・リャンマン五索・ウーソー六索・ローソー

東家が一筒・イーピンを場に捨ててリーチ。
ドラ表示牌は五筒・ウーピン
さらに場には五筒・ウーピンが2枚捨てられていたとします。
つまり、手牌に1枚の五筒・ウーピンを持っている北家のみ4枚の五筒・ウーピンが確認できるような場合、北家は四筒・スーピンが安全牌でる可能性があということがわかります。

(解説)
まず東家が一筒・イーピンを切ってリーチをかけているので筋は四筒・スーピンとなるわけですが、これだけの情報だと四筒・スーピン七筒・チーピンで待っている可能性があるので、安易に四筒・スーピンを切り放つことはできません。こういう時に五筒・ウーピンが自分から4枚見えていることに気づくことができると、四筒・スーピンが切りやすくなります。

理屈は簡単です。
五筒・ウーピンが4枚確認できるということは、五筒・ウーピンがらみの順子待ちは絶対にありえないからです。五筒・ウーピンが絡む順子は、
三筒・サンピン四筒・スーピン五筒・ウーピン
四筒・スーピン五筒・ウーピン六筒・ローピン
五筒・ウーピン六筒・ローピン七筒・チーピンの3つの順子のみです。
このことから一筒・イーピンを切っている東家は順子の四筒・スーピン待ちは絶対にありえないことになるわけです。

※注意※
この読みはあくまで東家が順子待ちをしていることを前提にしています。
仮に単騎待ちやシャンポン待ちの場合まったくこの考えはあてはまりません。

関連しているページ
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」