待ちを「読む」前に :  麻雀-「初心者から上級者への道」

基本的なルール・役・点数計算から、勝ち組になるためのノウハウを紹介!!

麻雀は他家より「ロン」されると、取り返しのつかない致命傷を受けてしまうことが多々あります。ここでは「ロン」されないために「待ち読み」のテクニックを紹介していきます。

「他家への振込」ゼロを目指しましょう。

麻雀ロゴ

待ちを「読む」前に

スポンサードリンク

他家のあがり牌を読む前にもう一度麻雀というゲームについて基本的なところを考えてみます。

麻雀は基本4人(ないし3人)で行うゲームで誰が1番先に「あがり」の形にできるかスピードを競うゲームです。

もちろん4人全員があがりを目指し摸打(もうだ)していくわけですが、4人のうち誰かがテンパイまでいくと、ただ単純に「あがり」を目指していくとテンパイした他のプレイヤーに先に「ロン」されてしまう場合が多々あります。。

こうなって初めて他家のあがり牌を読みながら(避けながら)一番先に「あがり」の形にできるかスピードを競うゲームとなるわけです。

が・・・・・
ここで優先順位を確認しておきます。

 

[1]・・・他のプレイヤーより先に「あがり」の形を目指す。
[2]・・・他のプレイヤーから絶対に「ロン」されない。
[3]・・・他のプレイヤーのあがり牌を読みながら(避けながら)自分あがりを目指す。

となります。
よくよく考えてみると当たり前のことですが、日本麻雀において「ロン」されること程致命傷になることはありません。

時々、他家がテンパイしているのに [2] より [3] を優先して必死に危険牌を切りながらあがりを目指すプレイヤーを目撃しますが、こういうプレイヤーはなかなか勝ち組にはなれません。

[2] より [3] を優先する場合は

自分の手牌の点数がハネ満・倍満以上が確定されている状態で、相手の点数が明らかに低い(3900点以下)と予想できる時のみ

と覚えておきましょう。

これから他家のあがり牌を読む方法をいくつか紹介していきますが、どれも現物以外100%的中できるものではありません。

「何も考えずに適当に打牌するよりかはまし」

と覚えておきましょう。

くどいようですが

一番最初に「あがる」ことができないなら、とにかく「ロン」されないことを最優先にしてください。

次のページでは待ちの種類について確認していきます。


関連しているページ
登録無料の萌え麻雀
純粋に麻雀が楽しめるのはもちろん、カードを駆使して一味違う麻雀を楽しむことも。
とにかく、初心者は麻雀というゲームになれましょう。

Copyright© 2011 「麻雀-「初心者から上級者への道」